2016年10月30日日曜日

イランが供与した北朝鮮製73式軽機関銃がイラクでISにおける(イスラミック・ステート)との戦いに加わる



著 Stijn Mitzer と Joost Oliemans (編訳:ぐう・たらお)

イラクのイスラミック・ステート(以下、IS)との戦いでは、イラクを支配するべくISと戦う多数の勢力が使用する、世界中のあらゆる供給元から得た多くの重・小火器が見られた。
イラクでの戦いでは、これまでにイラン製多連装ロケット発射機から第二次大戦当時の大砲まで、それらの全てが投入された。

戦いが2年目に突入する現在(注:元記事の執筆当時)、より多くの武器を必要とするものの、その数が減少しつつあり、各勢力は、地域的・国際的な支援者から戦いが今後数年間続くことに繋がるだろう武器の受領を試み続けている。
そして、しばらくの間に忘れ去られた武器が再発見され、再び使用されている。

その武器の一つである、73式軽機関銃は、少しでも輸出するために生産されたとは考えられていなかった極めて稀な装備である。
北朝鮮が設計・製造した兵器は、過去と現在におけるイランの戦争影響を与えたが、それらの機関銃は激動の80年代を生き延びたとは考えられていなかった。
ただし、それらが生き残った多くの例として、現在、人民動員隊(PMU)という統括組織の下でシーア派民兵がそれらを運用してる姿が散見された。
これは非常に驚くべきことである

実際、イラン軍の装備への北朝鮮の影響は過去にかなりあったものの、 とりわけイラクの戦場に出回る他の多量の他国製装備と共に見るとき、 イラクという劇場ではまだ重要な役割を果たしていなかった。

80年代初頭、平壌とテヘランとの間で軍事協力の高さが見られた。
この間、北朝鮮は隣国イラクへ対抗するイランを援助するため、幾らかの弾道ミサイルと大砲から小火器まで、それに飛行機さえも供給した。
後年の協力では主に、北朝鮮が設計した多種類の弾道ミサイル、ミサイル艇、潜水艦をイランが生産できるように、北朝鮮からイランへの技術移転に焦点が当てられた。

しかしながら、多数の北朝鮮製Bulsae-2(注:北朝鮮側の呼称「火の鳥2」)対戦車ミサイルが、最近、ハマスの軍事部門であるエゼディン・アル・カッサム旅団とハマスを離脱したアル・ナセルサラディーン旅団の手によって突然姿を現した。
Bulsae-2は9K111ファゴット(西側呼称:AT-4)の派生型で、スーダンからガザ地区にわたる密輸業者の精巧なネットワークと秘密のチャンネルを通じ、イランによってガザ地区へ供給されたと信じられている。
ハマスと北朝鮮のBulsae-2対戦車ミサイルの詳細については、ここで読むことができる。


イラン・イラク戦争の写真で、73式軽機関銃がイラン兵と共に写っているものが見られる。
これは、大部分はソ連製PK機関銃をベースにしているが、7.62x54R弾を装てんするための箱(注:ベルトリンク)と弾倉の双方を使用できる非常に特異な給弾機構を備えている。

朝鮮人民軍のために大量生産され、今日でも使用されているこの軽機関銃の唯一記録された輸出例は、イランだけである。


73式軽機関銃を持つ民兵(注:写真中のAKは全て北朝鮮製68式)。
北朝鮮が設計した兵器が世界中の様々な紛争に姿を見せ続けるということは、今日でも極めて孤立した国家である北朝鮮の能力が、海外の紛争にかなりの影響を及ぼしていることが明白である。

 ※ この記事は、2015年5月に投稿されたものです。
   当記事は意訳などにより、本来のものと意味や言い回しが大きく異なる箇所があります。
   正確な表現などについては、元記事をご一読願います。     

2016年10月22日土曜日

中東における北朝鮮の対戦車ミサイル





著 Stijn Mitzer と Joost Oliemans (編訳:ぐう・たらお)

弾道ミサイル計画でよく知られている北朝鮮は、その体制の維持を可能とする外貨を獲得する為に対外関係に依存している。
特にエジプト、シリア、イラン、そしてミャンマーといった国への弾道ミサイルや核技術の輸出は、国際監視団から数多く報告されると共に注目を引いている。
しかし、通常兵器と戦略兵器双方を世界中の国家へ引渡すことを除いては、北朝鮮の対戦車ミサイルがアメリカによってテロ組織と決め付けられた者達の手によって登場しているようで、それは武器密売市場において北朝鮮による関与の拡大を示している。


ハマスの軍事部門である「エゼディン・アル・カッサム旅団」戦闘員の画像は、彼が操作している9K111ファゴット(西側呼称:AT-4)の派生型が北朝鮮が運用するBulsae-2(注:北朝鮮側の呼称「火の鳥2」)であることを示している。

アル・カッサム旅団はスーダンからガザ地区までの密輸業者と秘密のチャンネルの精巧なネットワークを介して、イラン経由で北朝鮮のミサイルを受け取っている可能性がある。
これは、おそらくほかの輸送で行なわれる方法と同じようなやり方で行われる。
例として、紅海のスーダン沿岸でイスラエル海軍に拿捕された貨物船「Klos C」の件でも行われるはずであった、ポートスーダンでの武器引渡し後にエジプト経由でガザ地区へ陸路で運ばれる方法がある。

また、政治的対立によりハマスから離脱したアル・ナセルサラディーン旅団も多くの発射機とミサイルを保有していることが確認された(下の写真)。
他の武器が対戦車ミサイルと一緒に引き渡されたか不明ではあるが、北朝鮮はロケット推進擲弾(注:RPG-7)やMANPADS(携帯式地対空ミサイルシステム)の主要な生産者としてよく知られ、幾らかは輸出されたとみられる。




この説の更なる裏づけとして、2009年12月にバンコクに着陸したIL-76輸送機から北朝鮮製の武器の積み荷がタイ当局によって発見・押収された件が挙げられる。
石油掘削装置としてされた貨物には、35トンに相当するロケット、地対空ミサイル(MANPADS)、爆発物、ロケット推進擲弾やその他の兵器類が含まれていた。

その数か月前(2009年7月)にも、同様の積み荷がアラブ首長国連邦に押収されたケースがある。
摘発を受けて押収されたパターンもあるが、大量の積荷がハマスとヒズボラの双方へ気づかれずに運搬されたと信じられている。
北朝鮮が武器密輸業の筆頭にいることにより、武器の輸送方法と密輸ルートが絶え間なく進化しているのである。


北朝鮮の役割は、あくまでもこのような武器システムの生産者であることであることに限られている。 
ただし、イランと北朝鮮のお互いが「聞くな、答えるな」という方針を維持していたとしても、北朝鮮が輸出したBulsae-2の宛先を熟知していることは容易に推測できる。
ただし、この取引での北朝鮮の唯一の関心は外貨なので、それが問題になることはないようだ。


9M111有線式ミサイルは目標への指向方法として、半自動指令照準線一致誘導方式(SACLOS)を採用、目標や種類によっては460mmの装甲を貫徹することができる。
9K111-1コンクールス・システムを用いる9M113ミサイルを含めた能力向上型は、9M111と9M113の双方に互換性を付与されたことにより、同じ発射機(最初期の型を除く)を使用できる。
北朝鮮は9K111を1988年にソ連から最初に受領し、2010年ころまでにロシア連邦との間で約4500システムの取引が継続されたといわれている。
ミサイルの互換性という性質により、9K111ファゴットだけでなく9K111-1コンクールスも引き渡された可能性も考えられるが、それを明言することはできない。
9K111-1コンクールスについて北朝鮮側の名称は知られておらず、既に知られているBulsae-3(「火の鳥3)はおそらくそれとは関係のないシステムと思われる。


北朝鮮製9K111「火の鳥2」発射機は幾つかの点においてオリジナルと差異がある。
最も顕著な点として、光学機器が大幅に変更されたことが挙げられる。
このシステムの発射機である、9P135の9Sh119照準装置(照準器の下半分)はBulsae-2の照準器に似ているが、ミサイルの自動追尾用スコープ(照準器の上半分)が、2つの独立した小さい光学機器と交換されている。

この改良が、オリジナルのアップグレード又はダウングレードになるのかは不明である。
近年、北朝鮮はシステムの品質に影響を及ぼさない独自のミサイルを製造しているようだ。                                                 

※ この記事は、2014年7月に投稿されたものです。
   当記事は意訳などにより、本来のものと意味や言い回しが大きく異なる箇所があります。
   正確な表現などについては、元記事をご一読願います。                                  

2016年10月16日日曜日

北朝鮮のAK用ヘリカル式弾倉


著 Stijn Mitzer と Joost Oliemans (編訳:ぐう・たらお)

北朝鮮の軍備におけるいくつかの新たな動きについて、最近(注:2013年頃)放映されたプロパガンダ 映像の中で目にすることができる。
その動きの一つが、AK-74のコピーである「88式小銃」の新型弾倉であると考えられる。
この新型弾倉は著しい重量の増加や扱いにくさを生じさせるが、「ヘリカル式」を使用することによって、ほかの弾倉を持たずに多数の5.45 x 39 mm弾薬の携行を可能にしている。
この形式の弾倉を採用した銃として、代表的なものはキャリコM100であろう。
このヘリカル式弾倉について、 今までのところ、この金正恩の警護員だけが使用する例を除いては確認されていない(注:2016年11月に特殊作戦大隊の兵士が携行しているが明らかになったほか、2017年4月の閲兵式で特殊作戦軍兵士が同銃を携行して行進する姿が大々的に公開された)。
写真では、それぞれの警護員が弾倉を一本だけ携行しているように見えるが(大容量であることを考慮すれば驚くようなことではないが)、下のような他の映像では、各員が2本の予備弾倉を携帯している姿が見える。
この種類の弾倉は、2010年もしくはそれより前から運用されていると思われる。

北朝鮮の88式小銃は、たいてい標準的な30発入りの弾倉と(木製や合成樹脂の銃床を除いては)横向きか上向きの折曲式銃床(写真参照)が見られる。
ヘリカル式弾倉については上記のとおり、キャリコM100などで既に存在していることから、北朝鮮のものも同様だと思われるだろうが2つの注目すべき違いが両者を区別する。
まず、最も明白なのはこの弾倉が既存のものよりも大きい、より強力なライフルのために開発された点である。
既存のヘリカル式弾倉は、一般的に7.62 x 25、9 x 17SR (.380 ACP)、9 x 18、9 x 19 mm弾といった拳銃弾を使用するために設計開発されている。
二つ目は、ほかのヘリカル式弾倉は一般的にその火器自体と一緒に開発されたが、北朝鮮のこの場合は既存の銃のために製造された点である。
上向きの折曲銃床は、典型的な横向きか下向きの折曲銃床では不可と思われる弾倉挿入時の銃床の折りたたみを可能にさせた。
ロシアと中国の双方ではAKタイプの武器用のヘリカル式弾倉の噂がある一方、それを証明するものは今日まで何も出ていない(注:ロシアのBIZONが該当すると思われる)。


後から製作された設計とヘリカル式弾倉特有の複雑さ(標準的な取り外し易い箱型弾倉と比較して)は弾倉自体が弾薬の容量を大幅に増加させるものの、武器に誤動作と不発を誘発させる可能性を示唆する。
ほかの口径の銃用に似たような弾倉が開発されているのか、ヘリカル式弾倉が朝鮮人民軍にどの程度装備されているかは不明である。
 

弾倉の仕様
 

以下の仕様は、既存のヘリカル式弾倉との比較だけではなく、既知の値に基づいて推定されたものである。
これらは現時点における著者(Stijn Mitzer 及び Joost Oliemans氏)の「最良の推測」によるものである。

   弾薬の口径: 5.45 x 39 mm
   装弾数: 100発または150 発
   重量: 約2 kg
   全長: 約370 mm
   直径: 約85 mm

























※ この記事は、2014年2月に投稿されたものです。  
   当記事は意訳などにより、本来のものと意味や言い回しが大きく異なる箇所があります。
   正確な表現などについては、元記事をご一読願います。

おすすめの記事

シリアにおける北朝鮮の「HT-16PGJ」MANPADS
中東における北朝鮮の対戦車ミサイル
北朝鮮の軍用車両・重火器

ご挨拶

当ブログは、独自の綿密な軍事分析で著名な、「OryxBlog 」の日本語版です。
この度、執筆者である著 Stijn Mitzer 及びJoost Oliemans 両氏の熱望により、日本語版の開設となりました。
記事については、まずは英語版の記事の日本語化が先となりますが、日本側としても、独自の記事や見解などを投稿できればと思っております。
コメント欄も設ける予定ですので、ご意見がありましたら是非投稿をお願いいたします。
残念ながら、当ブログは現時点で工事中であり、記事も試験的なものしかありません。
本格的な記事の掲載までは時間がかかりますので、今しばらくお待ちください。
当ブログは、主に、
  1. シリアやISなどの中東方面
  2. リビア・スーダンなどの北アフリカ方方面
  3. 北朝鮮
の軍事情勢を分析します。
他の日本語文献には無いような濃密な記事を掲載する予定ですので、ご期待ください。