2017年3月29日水曜日

DIYに走るイスラミック・ステート: D-30 122mm榴弾砲が対空砲として使用された


著 Stijn Mitzer と Joost Oliemans (編訳:ぐう・たらお)

イラクのウィラヤット・ニーナワー(ニネヴェ県)におけるイスラミック・ステート(IS)のメディア部門によって最近(注:2016年初春ころ)公開された画像は、モスル上空でのSIGINT任務に使用された米軍の(E)P-3哨戒機(注:本件における同機がEP-3かは断定できない)に対して射撃する、(ウィラヤット・ニーナワー防空大隊に属する)アル・ファールク小隊のトラックに車載されたD-30 122mm榴弾砲を見せた。

この種の兵器の使用は、通常は地上の目標のみに対する従来の砲として使用されるものであることから、大いに注目に値すると共に、ISが保有する有志連合の圧倒的な航空戦力に対抗する手段の深刻な欠如を強調している。

ISの支配下にある最大の都市モスル及びその周辺で撮影された画像には、ソビエト伝来のD-30 122mm榴弾砲を搭載するように改修されたアメリカ製ナビスター・インターナショナル7000シリーズとM35トラックが映し出されている。
M35ベースのものは、対爆掩蔽壕(バンカー)に格納されているように見えるが、標的の候補が現れたときにだけ外へ動かされる。
さらに、トラックにはスタビライザ-と砲身をより低い位置に固定することができるトラベリングロックが装備されている(注:前者が射撃時の反動対策で、後者が移動時に砲身の先端が橋やトンネルに接触することを避けるためのもの)。
他の画像ではアル・ファールク大隊が保有するZPU-2 14.5mm 、ZU-23-2 23mm,、65式 37mmとAZP S-60 57mm機関砲を含む、より従来型の対空装備が見られ、これらの全てが様々な種類のトラックに搭載されていた。   




また、画像にはトラックに搭載された榴弾砲によって発射されたものの、狙った目標:米軍の(E)P-3オライオンを外した2発の砲弾が写されている(注:下の2枚)。
これらの飛行機は、モスル上空において情報収集と電子戦に使用されており、イラク領土におけるISの連携した作戦能力に深刻な妨害を与えている。
低速で飛行する(E)P-3はしばしば都市の上空で円を描いて飛行しており、ISの目障りであることには違いない。
通常、彼らはF-15のような高速で飛行する航空機を見ているが、当然ながら榴弾砲でそれらを撃墜することはできない。
しかし、(E)P-3は遅く飛ぶことから、空を見ると極端に遅く見えるため、彼らはこのように撃墜する機会があると考えることができるのである。
強力な火砲は、これらの航空機が運用される高度に到達する能力がある事実にもかかわらず、それらの榴弾が各種類の対空用信管を欠いているという事実は、彼らはその不利を無効にするために目標への直撃を得なければならないことを意味するが、達成することはほぼ不可能な「偉業」である。



したがって、この試みは時間と弾薬の無駄であるように見えるかもしれないが、ISがそのような戦術を最初に用いたのではない。
実際、ムジャヒディン(聖戦士)は、ソ連のアフガニスタン侵攻中にソ連のヘリコプターに対して迫撃砲とRPGを使用したことが知られており、イラン・イラク戦争中にイランの砲兵が低空飛行するイラクのヘリコプターを標的としていたことも同様にに知られている。
もちろん、これらの事例のいずれもが航空機の損害または軽微な損害さえも報告されていない。
なぜなら、大概はそのような兵器(時限信管の欠如)の使用は、標的の完全な破壊か完全な失敗のいずれかの結果しかもたらさないからである。



戦闘地域の上空で運用される空軍によって、彼らの兵器の大部分がすぐに標的にされているという事実を考慮すると、依然としてISは間違いなく、現在のシリアとイラクで戦う最も独創的な武装勢力である。
ISは低速飛行する敵機を撃墜しようと必死に試みたが、それはコストを問わないで戦いを続けるために戦力資産を捧げる彼らの意欲をもう一度証明するものである。

今後の記事では、これまでにひどく過小報告されてきた、ISが戦闘能力を向上させるために実施したDIYプロジェクトについて明らかにしていくだろう(注:こちらでは不定期で過去のものを編訳する予定です)。

 ※ この翻訳元の記事は、2016年3月3日に投稿されたものです。
   当記事は意訳などにより、本来のものと意味や言い回しが異なる箇所があります。
   正確な表現などについては、元記事をご一読願います。   

おすすめの記事


DIYに走るイスラミック・ステート: 装甲回収車からバトル・バスへ(英語)
DIYに走るイスラミック・ステート:ダンプカーからアース・ブレイカーへ(英語)

0 件のコメント:

コメントを投稿