2017年5月22日月曜日

DIYに走るリビア軍:AK-230艦載用機関砲がトラックに搭載された


著 Stijn Mitzer と Joost Oliemans (編訳:ぐう・たらお)

ムアンマル・アル=カッザーフィーの支配下にあったリビアは、かつては大規模な武器庫だと考えられていた。
実際、備蓄されていた兵器の量は、リビア自身の需要をはるかに上回っていた。
これは、カッザーフィーに武器の一部を使用して西側と対立する世界中の様々なグループに供給したり、中東やアフリカの諸国に供与することを可能にした。
後者への武器の供与は、主に後でこれらの国々が、言うまでもなくカッザーフィーがリーダーとなるつもりの「アフリカ合衆国」という、彼のアイデアを支持することを期待した事実上の賄賂であった。 

リビアで発見された多くの武器庫は、現在リビアを支配すべく戦っている多くの軍隊に、高性能の武器への容易な入手の機会を与えている。
スペアパーツと技術要員が不足していることは、(備蓄や放置されていた)重装備が一部しか再運用に入っていないことを意味した。
リビアの国際的に承認された政府(現リビア政府)に課された武器禁輸措置は、リビア軍用に大量の新しい武器や予備部品を取得することを妨げている。
この間に、数多く存在する反政府勢力の1つ、リビア・ドーンがMENA地域(注:中東及び北アフリカ)のいくつかの国から武器を受け取っていたことが知られている。

この状況によって、リビア国軍(LNA)は兵士たちが必要とする量の火力を提供するために、創造的な解決策を求めるように強いられた。
そして、リビアの紛争では、長年に渡って多くのあからさまで奇妙な改造車輌の誕生が見られていたが、ベンガジのLNAはトラックに30mmの艦載用機関砲を搭載することによって、まったく新しいレベルの「コンクール」に挑戦した。





この限定生産された最初の「製品(上記参照)」は、最近(注:2014年当時)出荷されたカマーズ6x6トラックと、もとはソビエトの高速攻撃艇、掃海艇やフリゲート上で見られた、30mm機関砲が連装されたAK-230艦載機関砲を組み合わせたものである。
AK-230の本来の任務は、MR-104「ドラム・ティルト(注:Rys)」レーダーによる誘導を受けながら、飛来するミサイルと航空機を撃墜することであった。
機関砲や弾薬へのアクセスを容易にするために、トラックに搭載されたAK-230の砲塔カバーは取り外された。

2門の30mm NN-30機関砲は、各門につき500発の砲弾がベルトリンク方式で給弾される。
経験を積んだ乗員でさえも、2つの機関砲へ弾薬を再装填することに、非常に多くの時間を必要とする。

現在(注:2014年)、LNAはベンガジで、この都市を死守しようと防備しているリビア・ドーンと戦っている。
リビア・ドーンはベンガジの大部分を掌握していたが、リビア海軍の基地となっている港の占領を達したことは一度もなかった。

ベンガジの海軍基地は、コニ級フリゲート「アル・ハニ(艦番号212)」、ナヌチュカ級コルベット「ターリク・イブン・ズィヤード(艦番号416)」、そして残り少ないナチャ級海洋掃海艦の1隻と運用不能な状態のフォックストロット級潜水艦が拠点としていた。
しかし、アル・ハニは2~3年前にベンガジを去り(その後、反体制派に鹵獲され、現在はマルタのバレッタ港に係留されている)、ターリク・イブン・ズィヤードは砲撃を受け、その後に沈没した。

ナチャ級海洋掃海艦の1隻は、メンテナンス不足が原因で既に1年近く前に沈没していたが、それは後にカマーズ製及びスカニア製のトラックに搭載されるAK-230機関砲が取り外された後のことであった。
不運なナチャ級海洋掃海艦の残骸は下の画像で見ることができる。



両方のトラックはリビア軍の第339大隊で運用されている。
AK-230で武装したスカニア製トラックの前に見える文章は次のとおり:「参謀委員会-国軍K 309」。

これがテクニカルに搭載されたZU-23 23mm機関砲またはM1980 30mm機関砲よりも実用的であるかどうかは不確かではあるが、程度の差はあるものの、どちらもほぼ同じ発射レートと目標に対する効果を与えることができる。
しかし、AK-230の方が照準は遥かに困難である。



LNAに対する武器禁輸解除の見込みや停戦が無い限りは、より興味深い改造が続く紛争の中で必ず日の目を見るに違いない。

 ※ この翻訳元の記事は、2015年2月26日に投稿されたものです。
   当記事は意訳などにより、本来のものと意味や言い回しが異なる箇所があります。
   正確な表現などについては、元記事をご一読願います。   

おすすめの記事


DIYに走るリビア・ドーン: エリコンGDF艦載用機関砲がトラックに搭載された
DIYに走るリビア・ドーン: S-125地対空ミサイルが地対地ミサイルとして使用された(英語)
リビア空軍は古いSu-22戦闘爆撃機を修復した? (英語)
エジプトがリビア空軍に航空機やヘリコプターを供与した?(英語)
Kh-29地対空誘導弾がリビアで無誘導ロケット弾として使用された

2017年5月16日火曜日

Kh-29地対空誘導弾がリビアで無誘導ロケット弾として使用された



著 Stijn Mitzer と Joost Oliemans (編訳:ぐう・たらお)

リビアのトリポリから出回った一連の写真の中で、リビア・ドーン(注:親イスラーム過激派民兵組織)は現在、高度な精密誘導ミサイルを地対地用ロケット弾として使用しているようだ。使用されたミサイルは、スルト近くのガルダビヤ空軍基地付近にある兵器庫から奪われたものである。
そのミサイルはKh-29Tで、通常は標的に命中させるためにTV誘導が使用される。 Kh-29Tのリビアでの運用については、80年代後半にソ連から引き渡されたSu-24のみによって使用されただけである。

リビア内戦の早い段階で、 第1124飛行隊は飛行可能状態にあった2機のSu-24MKを、ラス・ラーヌーフ近郊にある国民解放軍(反政府軍)の拠点に対して飛ばし、僅かな作戦ソーティを実施させた。
これらの作戦の過程で、一機のSu-24MKが撃墜された。
唯一の運用状態にある1機のSu-24MKと飛行不能状態にあった2機のSu-24MKは、その後、ガルダビヤ航空基地に対するNATOの航空攻撃によって破壊された。

かつて、これらのSu-24で使用されていた兵装は、現在リビアが保有する他の飛行機がこれらを搭載することができなかったため、無用の長物となった。
この状況は、運用するべき機体が存在しないKAB-1500レーザー誘導爆弾、Kh-25、Kh-29L、Kh-29T空対地ミサイルを残した。


現在では、彼らの意図した役割(本来の用途)ではないにもかかわらず、この武器のいくつかを再び使用可能にする努力がされているように見える。
発射を写した画像にあるKh-29Tにはフィンがあるが、無誘導地対地用ロケットとしての、より安定した飛行を得るために前部と後部フィンのエルロンが取り外されている(注:画像をよく見るとはっきりわかる)。
これらのミサイルが新たな用途に使用された理由は、明らかに弾頭のサイズであり、これには320kgの重量級弾頭が搭載されている。
 

リビア・ドーンがミサイルの大量のストックを有し、既にいくつかの同様の発射が実施されていることから、このような高度なミサイルのより多くの発射を期待することができる。


Khaled Ben Alewa に感謝を申し上げます(注:元記事への協力であり、本件編訳とは無関係です)。
 
 ※ この翻訳元の記事は、2014年8月18日に投稿されたものです。
   当記事は意訳などにより、本来のものと意味や言い回しが異なる箇所があります。
   正確な表現などについては、元記事をご一読願います。  

2017年5月5日金曜日

拡大するイランの勢力圏:イラクにおけるイラン製T-72 (1)


著 Stijn Mitzer と Joost Oliemans (編訳:ぐう・たらお)

イスラミック・ステート(IS)の戦闘員に対するイラクでの戦闘は、イラク軍とぺシュメルガによって戦われるだけではなく、イランからの大規模な支援を受けた、増加しつつあるシーア派民兵による戦闘もある。
イラクでの「レバノンのヒズボラ運動」に相当するカタイブ・ヒズボラは、間違いなく、現在のイラクに存在するすべてのシーア派民兵の中で、最も強力かつ影響力のある組織である。
これは、主にイランの資金援助や軍事援助、そして現地にいるイラン人顧問の存在のによるものである。

イランは、これらの民兵に、AM-5012.7mm対物ライフルやナシル・40mmグレネードランチャー、107mm多連装ロケット発射機(MRL)を搭載したサフィール・ジープや無反動砲、さらにはHM-20・122mmMRLまで何でも供給した。
これらの武器は全てイランで製造されたものである。
提供される兵器の量と種類は、民兵組織の規模に左右されている。

しかし、イラクに民兵が運用するイラン製戦車が存在するという噂は、今まで未確認であった。 
これらの噂は、イラン西側の国境付近を走る、無限軌道付きの車輌を搭載したトランスポーターが目撃されるたびに、世界中を早々と駆け巡った。
現在、イラクのISとの戦いに加わり、ティクリートの町から戦闘員を追放するために忙しく動くイラン製戦車についての写真による証拠が最終的に明らかにされた。


上の画像のイラン製T-72Sを見ると、155個のコンタークト1爆発反応装甲(ERA)の取り付けを可能にする留め具の存在によって、イラクのT-72 'ウラル'及びT-72M1と明確に区別できるが、この例では驚いたことにERAが皆無である。
また、この車輌(T-72S)には、発煙弾発射機がT-72M1で見られるような砲塔前部には無く、その代わりに同側面に装備されている。

このT-72Sは、最近のイラク-ロシア間で結ばれた、詳細が明らかにされていない武器取引の一部であった可能性があると論じることができたが、戦車に塗装されたイランの迷彩パターンはこの戦車の真の起源について疑う余地はないことを示している。
比較のために、パレード中のイラン製T-72S(ERA装着型)の画像を下に掲載した。
 
ティクリートの近くで撮影されたT-72Sが、イラン人によって乗り込まれたカタイブ・ヒズボラの兵器の一部であるのか、それとも実際はイラク軍で運用されているのかどうかは、現時点で不明である。
カタイブ・ヒズボラは、イラク軍によって置き去りにされた、たった1両のM1エイブラムスを運用していることが知られており、つまり、ティクリートのような町で近接戦闘を戦い抜くために不可欠な重火力の支援が不足している。
イランが、イラン軍か革命防衛隊のストックから出された、一定限度の量のT-72を供給していることは、この観点から見れば完全に筋が通っている。
内戦の最終経過でどんな影響があっても、中東やその他の地域における紛争へのイランの影響が過小評価されないことは確かである。

現在、イランはイラクから、シリア、イエメン、さらにはリビアに至るまで、多数の中東諸国に対して軍需産業を利用して影響を与えているが、その勢力圏を拡大する意図は今までより明確になっており、今後の中東政策を立案する際には、イランが過小評価されることはないと確信している。

 ※ この翻訳元の記事は、2015年3月13日に投稿されたものです。
   当記事は意訳などにより、本来のものと意味や言い回しが異なる箇所があります。
   正確な表現などについては、元記事をご一読願います。   

おすすめの記事


拡大するイランの勢力圏:イラクにおけるイラン製T-72 (2)

拡大するイランの勢力圏:イラクにおけるイラン製T-72 (2)



著 Stijn Mitzer と Joost Oliemans (編訳:ぐう・たらお)

イラクにおけるイランの戦車の存在をはっきりとさせた、さらに多くの証拠写真が明らかとなった。
新しく公開された画像は、ティクリートの南にあるサーマッラーの町に到着する間に、ティクリート付近で目撃されたものと同じT-72Sと思われる戦車を写している。
イラクにおけるイラン製T-72S戦車の目撃例が初めて確認されてから、ちょうど1日後に新画像が届いた。

T-72Sはバドル軍団(注:イラクのシーア派政党、イラク・イスラム革命最高評議会(SCIRI)の軍事部門)のトップ:ハーディ・アル=アミーリーの側近であるカッセム・アル=アラジ(写真中央の人物)によって視察されている。
どこがイスラミック・ステートとの戦いでイラクを助けたのかと尋ねられたとき 、カッセム・アル=アラジ以前に「私たちはISISとの戦いにおいて、アメリカではなくイランからの支援を望んでいる」とした上で、イランについて「私たちの軍隊への支援に大きな役割を果たす」と述べた。
 
この支援には明らかにイランのT-72S戦車の譲渡も含まれており、少なくとも1台はバドル軍団の戦闘員から護衛されたイラク陸軍の戦車運搬車でサーマッラーに入った。


しかし、最初に信じられていたこととは反対に、戦車は、現在イラクで戦う、多くのシーア派民兵組織で最も影響力のあるカタイブ・ヒズボラやバドル軍団ではなく、イラク軍によって運用されている。バドル軍団内のカッセム・アル=アラジに近い情報筋は、「バドルには機械化部隊はない。 戦車はイラクのISF(イラク治安部隊)によって運用されているが、運用者はバドルの支持者かもしれない」と言った。

T-72Sは、イラクの古いT-72ウラルとT-72M1よりも先進的であるため、イラクの要員がイランでT-72Sの訓練を受けたことは妥当であると思われ、再び両国間の強い絆が示された。


Green lemon に感謝を申し上げます(注:元記事への協力であり、本件編訳とは無関係です)。

 ※ この翻訳元の記事は、2015年3月13日に投稿されたものです。
   当記事は意訳などにより、本来のものと意味や言い回しが異なる箇所があります。
   正確な表現などについては、元記事をご一読願います。     

おすすめの記事

拡大するイランの勢力圏:イラクにおけるイラン製T-72 (1)