2017年5月5日金曜日

拡大するイランの勢力圏:イラクにおけるイラン製T-72 (1)


著 Stijn Mitzer と Joost Oliemans (編訳:ぐう・たらお)

イスラミック・ステート(IS)の戦闘員に対するイラクでの戦闘は、イラク軍とぺシュメルガによって戦われるだけではなく、イランからの大規模な支援を受けた、増加しつつあるシーア派民兵による戦闘もある。
イラクでの「レバノンのヒズボラ運動」に相当するカタイブ・ヒズボラは、間違いなく、現在のイラクに存在するすべてのシーア派民兵の中で、最も強力かつ影響力のある組織である。
これは、主にイランの資金援助や軍事援助、そして現地にいるイラン人顧問の存在のによるものである。

イランは、これらの民兵に、AM-5012.7mm対物ライフルやナシル・40mmグレネードランチャー、107mm多連装ロケット発射機(MRL)を搭載したサフィール・ジープや無反動砲、さらにはHM-20・122mmMRLまで何でも供給した。
これらの武器は全てイランで製造されたものである。
提供される兵器の量と種類は、民兵組織の規模に左右されている。

しかし、イラクに民兵が運用するイラン製戦車が存在するという噂は、今まで未確認であった。 
これらの噂は、イラン西側の国境付近を走る、無限軌道付きの車輌を搭載したトランスポーターが目撃されるたびに、世界中を早々と駆け巡った。
現在、イラクのISとの戦いに加わり、ティクリートの町から戦闘員を追放するために忙しく動くイラン製戦車についての写真による証拠が最終的に明らかにされた。


上の画像のイラン製T-72Sを見ると、155個のコンタークト1爆発反応装甲(ERA)の取り付けを可能にする留め具の存在によって、イラクのT-72 'ウラル'及びT-72M1と明確に区別できるが、この例では驚いたことにERAが皆無である。
また、この車輌(T-72S)には、発煙弾発射機がT-72M1で見られるような砲塔前部には無く、その代わりに同側面に装備されている。

このT-72Sは、最近のイラク-ロシア間で結ばれた、詳細が明らかにされていない武器取引の一部であった可能性があると論じることができたが、戦車に塗装されたイランの迷彩パターンはこの戦車の真の起源について疑う余地はないことを示している。
比較のために、パレード中のイラン製T-72S(ERA装着型)の画像を下に掲載した。
 
ティクリートの近くで撮影されたT-72Sが、イラン人によって乗り込まれたカタイブ・ヒズボラの兵器の一部であるのか、それとも実際はイラク軍で運用されているのかどうかは、現時点で不明である。
カタイブ・ヒズボラは、イラク軍によって置き去りにされた、たった1両のM1エイブラムスを運用していることが知られており、つまり、ティクリートのような町で近接戦闘を戦い抜くために不可欠な重火力の支援が不足している。
イランが、イラン軍か革命防衛隊のストックから出された、一定限度の量のT-72を供給していることは、この観点から見れば完全に筋が通っている。
内戦の最終経過でどんな影響があっても、中東やその他の地域における紛争へのイランの影響が過小評価されないことは確かである。

現在、イランはイラクから、シリア、イエメン、さらにはリビアに至るまで、多数の中東諸国に対して軍需産業を利用して影響を与えているが、その勢力圏を拡大する意図は今までより明確になっており、今後の中東政策を立案する際には、イランが過小評価されることはないと確信している。

 ※ この翻訳元の記事は、2015年3月13日に投稿されたものです。
   当記事は意訳などにより、本来のものと意味や言い回しが異なる箇所があります。
   正確な表現などについては、元記事をご一読願います。   

おすすめの記事


拡大するイランの勢力圏:イラクにおけるイラン製T-72 (2)

1 件のコメント:

  1. ご担当者様

    突然のご連絡大変失礼致します。Bridgeの坂本と申します。
    弊社は旅行系サービスと広告代理事業を行う会社です。(http://www.bridge-world.jp/)

    ブログ記事を見てご連絡させて頂きました。
    とある旅行系サービスの広告掲載についてご相談させて頂きのでご興味ございましたら下記までメール頂けましたら幸いです。
    sakamoto_rie@bridge-world.jp

    返信削除