2017年6月1日木曜日

自爆ドローンはイスラミック・ステートが放つ新たな脅威となるか?





著 Stijn Mitzer と Joost Oliemans (編訳:ぐう・たらお)

モスルでの戦いは旧市街地での最も困難な争奪が依然として続いており、イスラミック・ステート(IS)支配下の最大都市を巡る激しい戦闘が7ヶ月目に突入している。
ISは、多くのAFVや特殊部隊と航空支援を備えたより強力な相手に直面すると、イラク軍との戦闘で、都市の狭い通りでのVBIED(車両運搬式即席爆発装置)の大規模な使用を含む、この組織にとって既に特徴となった戦術を採用している。

実績のある武器や戦術の使用とは別に、モスルの戦いでは、都市環境とISの戦い方に完全に適合した、幾つかの「Made in Islamic State」の兵器システムが初公開された。 
ほぼ間違いなく最も適した例は、新型の対戦車ロケット及び兵器化されたドローンの配備であり、イラク軍が堅固に防備を固めたISから今までに都市の大部分を奪回したものの、この双方は使用が増加するにつれて広く公開されている。

モスルから出されたISの最新動画の公開は、武器製造と都市における無人航空機及び無人車両に関するISの成果をさらに詳述するだろう。  
クルアーンの第29章の第69節を参照して名づけられた動画「我ら自らその手を引いて正しい道を歩ませよう」は、以前には見られなかった幾つかの兵器システムの組み立てと配備を映している。

RPG、無反動砲、自家製対戦車ロケットランチャーの生産はすでに著しい発展を遂げているが、 自爆型UAVと思われるものの実戦デビューはなおさらそうであり、これは都市部におけるイラク軍に対する、「自殺ドローン(人命が関与していないという意味での、やや不適当な名前)」として一般的によく知られている。
この脅威は潜在力があるにもかかわらず、この動画では少ししか放送されていないものの、自殺ドローンの実戦デビューはこの新しいIS製武器の現時点における欠点を明らかにした。  




自爆型UAVは比較的新しいコンセプトであり、人間のオペレーターによるものか自律的に選択された目標を打撃する前に、この自爆機を標的空域へ飛行させることを必要とする。 
この方法には、事前に設定された標的に命中するようにプログラミングされた、従来の巡航ミサイルや誘導ロケットに比べていくつかの利点がある。
もし、自爆型UAVが適切な目標を発見できなかった場合、自爆させるか時には基地に戻ることさえできるため、運用において一層の柔軟性を可能にする。
シリアにおいて、ISは自爆型UAVを主にデリゾールの包囲された市街地にいる政府軍に対して何度か投入したと以前に報告されている。
しかし、問題になっているこのUAVが、単発のPG-7ロケット程のペイロードで政府側の地域に自ら突入することになっているのか、その代わりに実際にはこれらを投下するように設計されているのかは不明のままだ。
しかし、後者の方がより可能性が高いように思われる。

運用可能な自爆型UAVを配備したのは、ISが最初ではない。
事実、このような兵器は既にアゼルバイジャン、イエメン、イスラエル、米国が紛争で使用しており、後者はシリアにも配備している。
このような「カミカゼドローン」のもう一つの運用国は北朝鮮であり、現時点ではこの種の兵器に関して最大の運用者と推測されている。
もちろん、ISによって使用されている粗雑に組み立てられた奇妙な機械は、プロ級の兵器を生産する国々で使用されている現代的な兵器にはほとんど匹敵せず、その脅威に対処するには比較的困難だが、テロリストを都市の外へ排除しようとしているイラク軍への絶え間ない妨害を大幅に増大させる可能性を有している。

ISによる「自殺ドローン」と思われる生産は、2017年3月にISからの文書のリークで初めて示唆された。
これらの文書は、 空対地ミサイルとして使用される、20kgの爆薬を積載することが可能な多目的UAVの開発及び製造のための許可と財政支援を受けるため、チュニジアのドローン開発者であるアブ・ユスラ・アル・チュニジによる要求が詳細に記載されていた。
ISの文書の要約(日本語訳)は以下のとおり。

イスラミック・ステ-ト
ハラブ州
中央兵員局

(概要)

氏名: アブ・ユスラ・アルチュニジ 
年齢: 47
専門:飛行機及び航空学の分野で多少の知識を有し、動力用電気と電子工学を専攻。

関係者に対し、アバビル計画を提示する。
これは多目的UAVであり、以下の用途を含む。

1- 直径30kmにわたる地域の偵察
2- 20kg以上のペイロードを有する空対地ミサイルとして使用可能
3- 夜間または日中に1機以上のUAVを使用することで、敵の注意をそらすことに使用可能
4- 敵機の妨害

このプロジェクトには、以下の者から構成されるチームを必要とする:
- 電気機械の技術者
- ファイバーグラスの専門家
- CNCでの作業方法を知るAutoCADのエキスパート
- 金属工

このプロジェクトには約5,000USドルがかかり、完了に3ヶ月を要する。
私が研究開発の部門で働いていたときに携わっていた、試作機の写真を示す。
それのプロジェクトは、原因不明の理由で停止した。

アブ・ユスラ・アル・チュニジが、彼のアバビル計画を継続するために許可と財政支援を受けたのかは不明だが、 ISが公開した最新の動画で見られるドローンが、実際にアバビルである可能性は低いと思われる。
アブ・ユスラ・アル・チュニジは、シリアのハラブ州(アレッポ県)におけるドローン開発の許可と財政支援だけではなく20kg以上の爆発物を想定したペイロードも要求したが、これはモスルで見られたドローンに搭載するには重すぎるようだ。



ISが公開した動画では、ドローンの飛行(動画の8分43秒付近) はかすかに映されているだけであるが、ドローンの操作に関する興味深い詳細な描写を見せている。
(ところどころダクトテープで結合された)金属フレームをベースにしたこのドローンは、ISによって生産された最大のものであり、 これまでには主にクアッドコプター、スカイウォーカーや様々な旧来のドローンが使用されている。
ISは、何度か兵器化されたスカイウォーカーを見せてきたが、そのような改造型(自爆型)は作戦上使用されないと考えられる。

映像では、このドローンの操縦者が左側に立っている状況が映し出されており、コントローラーを手にしている。
この操縦者はドローンを空中に発進させる担当だっただけで、その後このラジコンが、内蔵カメラによって同機の飛行経路の画面を見ることができる別の操縦者へ引き継がれた可能性がある。
動画では、中身が半分ほど入った燃料タンク(注:機体中央部の透明なタンク)が見える、ドローンのはっきりとした姿が映し出されたにもかかわらず、搭載しているべき物の姿を見ることはできない。
それが当時非武装であったのか、もしかすると搭載物がエンジンの付近に取り付けられていたことを意味するのかどうか、そのために発見するのが困難であるのかは不確かだ。

ドローンからの画面は、同機がM1エイブラムス戦車を含むイラク陸軍の車両と兵士の集結ポイントに向かって降下する前に、時速約110kmの速度でそれまでに約10分飛行した旨を表示している。
興味深いことに、この映像はドローンが突入する直前にカットされている。
それは搭載物(爆薬)が爆発したことを暗示しているが、実際には、もっぱら最後の瞬間に機体を急転換させたか、何も搭載しない状態で単純に墜落した可能性もある。
後者の場合、このドローンの目的は使用可能な兵器を実際に兵士に与えたというより、運用試験やプロパガンダでの使用をねらいとしてしていたかもしれない。



今日の世界で見られるドローンの急増によって、爆発物の輸送プラットホームとして無人航空機(UAV) を使用して西側の地域を攻撃するという状況が、真剣に受け止められるべき脅威となっている。
(自作ドローンの)粗雑で明らかに急造である特徴は、ISのような勢力のための遠隔制御兵器がどんどん開発され易いこの時代においては、このような非対称戦術から軍隊を防護することがますます困難になるだろうという事実を和らげることにはならない。





自爆型UAVでイラク軍を攻撃するこの試みは成功する可能性が低いが、その手法がいつか世界中における同様の紛争で、幅広く効果的に使用される戦術となる可能性があるという脅威が増大している。
イラクにおけるISの時代は徐々に終わりが近づいているが、シリアではより多くの驚きが待ち受けているのは確実であり、この紛争は予測不可能な方法で展開を継続し、将来戦われる戦争の手法に彼らの強い影響を与えることは間違いないだろう。

 ※ この翻訳元の記事は、2017年4月25日に投稿されたものです。
   当記事は意訳などにより、本来のものと意味や言い回しが異なる箇所があります。   
   正確な表現などについては、元記事をご一読願います。  

おすすめの記事

イスラミック・ステートの機甲戦力:アル=ハイル州でのDIYワークス(英語)
DIYに走るイスラミック・ステート:大型戦闘ワゴンの誕生(英語)
DIYに走るイスラミック・ステート:大型戦闘モンスターの誕生 (英語)
DIYに走るイスラミック・ステート: 装甲回収車から戦闘要塞へ(英語)
DIYに走るイスラミック・ステート: 装甲回収車から戦闘バスへ(英語)
DIYに走るイスラミック・ステート: D-30 122mm榴弾砲が対空砲として使用された
DIYに走るイスラミック・ステート:ダンプカーから大地の震撼者へ(英語)
DIYに走るイスラミック・ステート:DIY兵器による攻勢の内側(英語)
DIYに走るイスラミック・ステート:テルスカフ攻勢(英語)
 
※ クルアーンの翻訳については、次の書籍を参考にさせていただきました。
    井筒俊彦訳、「コーラン(中)」、岩波書店、1957年、265ページ

0 件のコメント:

コメントを投稿