2017年2月24日金曜日

シリアにおける北朝鮮の「HT-16PGJ」MANPADS

著 Stijn Mitzer と Joost Oliemans (編訳:ぐう・たらお)

ほぼ10年にわたる厳しい制裁の下で、国際武器市場における北朝鮮の従来型兵器の拡散は度々過小に報告されており、過去の多くの武器取引は完全に記録されていない。
それにもかかわらず、これらの取引の跡は未だに世界の紛争地域の多くで目立っており、
時折、新しい影像などが国際的な武器取引への北朝鮮の関与を窺わせている。

今日の紛争のホットスポットで既に存在している、北朝鮮によって改修された主力戦車, 様々な種類の砲, 対戦車ミサイル (ATGM) 軽機関銃 (LMG)のほか、シリア内戦で使用されている武器の画像を分析すると、バッシャール・アル=アサド大統領の政権と対立する様々な勢力の間で、北朝鮮の携帯式防空ミサイルシステム(MANPADS) の存在が明らかになった。
このミサイルの目撃は、アサド政権への初期供与の規模がかなり大きいと暗示させるほど十分一般的になったが、常にシリアでも使用されている同様のソビエト製イグラ-1E(SA-16)システムとして識別されていたという事実は、今までこれらが北朝鮮製であると気づかれなかったことを意味している。

2014年8月、同年の夏にジャイシュ・アル・イスラムから奪取したKshesh(注:ジラー空軍基地)においてイスラミック・ステートの戦闘員の手でこの一つの例が最初に特定されたが、さらなる調査で、
 2013年2月のアレッポにおけるシリア軍第80旅団の基地で自由シリア軍とカテバ・アル=カウサール(もとはアル=カーイダ系グループ)によって捕獲された少なくとも18発の発射機とそれに付随するシステムの一群の存在が明らかになった
航空機やヘリコプターがこれらのミサイルで撃墜されたことは明確に知られていないが、戦場における彼ら(北朝鮮製MANPADS)の継続した存在は、最近厳しく包囲されたラタキア県では未だに機能していることを示唆する。

先端キャップが取り外された北朝鮮の「HT-16PGJ」MANPADS。ジラー空軍基地で2014年8月撮影。




発見された北朝鮮の「HT-16PGJ」MANPADS。アレッポで2013年2月撮影。




このMANPADSは、北朝鮮では一般的にHwaseong-Chong(火縄銃)と呼ばれているようであるが、
シリアに輸出されたタイプは、3番目か4番目に北朝鮮で独自に開発されたものと考えられている。
ソ連の9K32 Strela-2(SA-7)MANPADSからコピーされた初期のタイプ(PGLMまたはCSA-3Aという名称を付与されたかもしれない)は1980年代に開発された可能性が高いが、9K34 Strela-3(SA-14)の独自の派生型と思われるものは、早い時期であれば、既に1992年の時点で目撃された。
北におけるMANPADSの開発は、最終的にここ近年でしか認識されていない、ロシアの9K38イグラ(SA-18)に由来と思われるシステムをもたらした。
シリアで現在見られるMANPADSは、古い9K310イグラ-1(SA-16)と最も類似点が共通しているものの、特徴的な三角状のエアロスパイクは、9K38イグラ(SA-18)や9K338イグラ-S(SA-24)で見られる、より近代的な針状のエアロスパイクに置き換えられており、性能が向上している可能性が高いと思われる。
北朝鮮のシステムがソ連/ロシア製との識別を可能にする最も重要な相違点は、MANPADSの電源である熱電池をより前に配置している点である(注:北朝鮮製はオリジナルのSA-16と異なり、熱電池がミサイル・チューブ先端より前に突き出るような配置をしている。)
また、この熱電池は、システムがまだ使用可能かどうかを判断する材料となっている。 
熱電池の枯渇はMANPADSが役に立たなくなったことを意味し、対空装備を入手を熱望する武装勢力が自ら代用電池を作り、使用を試みたいくつかのケースに至ることがある。

ラタキアにおける北朝鮮の「HT-16PGJ」MANPADS。2015年11月26日撮影。右:北朝鮮の閲兵式における同型と思われるMANPADS。












さらなる画像分析によると、シリアで発見された北朝鮮のシステムには、HT-16PGJ(ミサイル単体ではHG-16)と表記されており、第80旅団で捕獲されたものは、2004年1月1日付けの契約日が記載されたシステムの一部であり、これは熱電池の有効保存期間がまだ切れそうにもないことを意味する。
2003年にとある未知のサプライヤー(ベラルーシといわれている)が引き渡した約300基のイグラについて、西側の情報に基づくレポートは、特にシリアではイグラが未だに目撃されていないことから実際には北朝鮮のシステムをめぐる取引に言及している可能性がある。
もしそうであるなら、配送が2004年の初めの時点で継続していたことから、報告よりもさらに多くのMANPADSが獲得された可能性は高い。
実際、ミサイルの箱に対する徹底した調査は、合計600基のHT-16PGJで1箱に各2発ずつミサイルが入っていたことから、少なくとも300箱が引き渡されたことを明らかにしている。

シリア内戦では、かなりのMANPADSの派生型が見られたにもかかわらず、ソ連の伝統的なストレラ-2M、ストレラ-3とイグラ-1から中国のFN-6に至るまでスーダンを通じてカタールによって供給されたほか、ロシアのイグラ-Sが紛争開始の数年前に提供されたが、今日、シリアの空を飛び回る多数の勢力(注:シリア空軍やロシア空軍など)に対抗する防空戦力は未だに不足したままである。
これにより、いくらかの武装勢力は、極端な射程の、見かけだけの間に合わせでしかない防空戦力で戦うことを強いられ、あらゆるMANPADSは貴重な資産とみなされるようになった。 
これらのシステムの能力のために、ミサイルが国外へ密輸され、民間航空機が撃墜されることを恐れたことから、西側諸国は内戦初期に穏健なシリアの反政府勢力へMANPADSを供給することに消極的であった。
このような航空機は、通常、MANPADSの有効高度よりも高い高度で巡航しているが、離陸直後や着陸前に発射されたミサイルは過去に本当の脅威となっている

ロシアのイグラ-Sシステムに類似するものが、シリアの戦場で見つけられる最も能力の高いMANPADSシステムであるとは思われないが、古いストレラ-2、ストレラ-3、イグラ-1、そして、おそらく中国のFN-6よりも確実に有効であり、後者(FN-6)はそれを使用した反政府勢力によって信頼できないことが明らかになった。
ロシア空軍はラタキア県を含むシリア全土でアサドの対抗勢力との空爆作戦の最前線にとどまり続けるため、いかなる種類の防空システムも、その出所を問わず反政府勢力に快く受け入れられるだろう。

将来的にこれらのシステムのより多くが出現するかどうかは当然ながらまだ分からないが、世界中の国に対する北朝鮮の武器輸出の全容の解明がやっと始まったばかりであるとはいえ、結局はいつか違法な武器取引市場に行き着く可能性がある、同国におけるMANPADSを含む新しい武器の開発は未だに進行中である。

朝鮮人民軍で使用されるMANPADS。左から3人目まで使用しているものが、同側から順にイグラ-1、シリアでも使用されている「HT-16PGJ」、ストレラ-3。







特別協力:'BM-21 Grad'(注:元記事への協力であり、本件編訳とは無関係です)。

 ※ この翻訳元の記事は、2016年3月に投稿されたものです。
   当記事は意訳などにより、本来のものと意味や言い回しが異なる箇所があります。
   正確な表現などについては、元記事をご一読願います。     

おすすめの記事

北朝鮮のMANPADSがIS(イスラミック・ステート)戦闘員の手に渡った
中東における北朝鮮の対戦車ミサイル

0 件のコメント:

コメントを投稿