2017年6月8日木曜日

希少なAFV:スーダンのAFV修理施設内部の光景



著 Stijn Mitzer と Joost Oliemans (編訳:ぐう・たらお)

1956年にイギリスから独立して以来、様々な供給元の影響のために軍隊で使用されている装備の種類に関して言えば、スーダンは間違いなく最も興味を引く国の一つだ。
スーダンは、最初はエジプトとイギリスによって訓練と装備を受けていたが、それから大量のソ連製装備を受け取り始め、その後に中国の武器援助が続いた。
近年では、スーダンは、ベラルーシ、ウクライナやロシアなどの国々から多数の兵器を購入しており、現在、これらの国は中国やイランとともにスーダンへの武器供給をする主要な国となっている。

スーダンは既に挙げられた国に加えて、ドイツ、リビア、チェコスロバキア、フランス、アメリカ、サウジアラビア、東欧諸国、そしてもちろん北朝鮮といった国からも兵器の供給を受けたことがある。
こうした多様なAFV群を運用することはまさに兵站面での悪夢にほかならず、スーダンに存在する先述した国々のうちの幾つかから派遣された専門家が、いつでもこれらの車輌の維持を支援している。  
この状況を改善するために、スーダンはAFV修理工場とエルシャヒード・イブラヒーム・シャムス・エル・ディーン複合体を設立しており、後者は幾つかの種類のAFVの製造にも関わっている。

このAFV修理工場は完全に主力戦車、歩兵戦闘車(IFV)、装甲兵員輸送車(APC)の修理に特化しており、スーダン軍の管轄下にある。
これは、エルシャヒード・イブラヒーム・シャムス・エル・ディーン複合体がMIC(Military Industry Corporation)の一部である点とは反対である。
このAFV修理工場はハルツーム(首都)の中心に位置しており、そのような施設を設けるにしては間違いなく興味深い場所である。




様々な荒廃状態にある、多数のAFVが散乱している施設の現状を確認してみると、スーダン人の要員がいるだけではなく、数人の東欧の人間もソビエト時代のAFVの維持と分解整備を支援している。
この記事にある画像のほとんどはそのようなアドバイザーからのものであり、その多くはスーダン滞在中に彼らの作業を撮影したものだ。
このある人物は以前にはウガンダとイエメンで勤務しており、ここでも同様に人材育成の支援をしている。





著しく損傷したT-72AVは、スーダンではアル・ズバイル-1としても知られており、破壊された2A46 125mm砲の修理を待っているか、あるいはスペアパーツ用として使用されている。
スーダンは、今までにこれらの戦車を世界中の国、多くはアフリカに供給していたウクライナから最後の在庫にあったT-72AVを購入した。
スーダンのT-72AV購入は、南スーダンがその数年前に大量のT-72AVを購入していたために注目に値する。
この取引はケニア経由で手配されたものであり、33台のT-72AVを積載した南スーダンへ向かう貨物船「ファイナ」が海賊によって乗っ取られたために、国際的な議論の原因となった。

ウクライナのインストラクターが、南スーダンの兵士にT-72AVを運用させる訓練の担当になった一方で、残りのT-72AVをスーダンに売ることは問題がなかったように思われる。
スーダンはSPLA-N(スーダン人民解放軍/運動)に対抗するため、スーダン南部にこれらの戦車をすぐに配備した。
この取引は、スーダン軍と南スーダン軍との間で新たな戦闘が発生しそうな出来事の間に、両軍が互いに同一の迷彩が施されたT-72AVを配備するという特異な状況をもたらしており、それは戦場での混乱や場合によっては誤射に至ることがほぼ確実と思われる。




今でもなお新品状態にある非常に古いアルヴィス・サラディン装輪装甲車は、施設のメンテナンスホールの外で再塗装を控えている。
サラディンがいかに旧式であるにもかかわらず、いくつかの国は運用し続けており、インドネシアでさえ残っている車輌の改修を試みている。
スーダン軍がサラディンを運用し続けるのか、この残存している車輌をゲートガードとして展示するつもりなのかは不明だ。

変わった迷彩塗装をされた先と同一のサラディン装甲車は、本来の外観への認識を多少は低下させたと示すことができた。
少なくとも2台のサラディンが新しい塗装を施されている。
2台目の車輌は前部に深刻な損傷を受けているが、再塗装によって酷い姿の印象がさらに増している。



フェレット装輪装甲車はスーダンで運用されてきたもう一つのイギリス製の主要な装備であり、スーダン軍の兵士たちによって運用されていた最初のAFVの一つだ。
この車輌も再塗装されているが、砲塔のM1919軽機関銃が失われている。
この再塗装されたフェレットの前部タイヤの一つに深い亀裂が入っていることから、 もはや戦闘での使用を目的にしたものではない可能性がある。
一見して退役したように見える中国製の62式軽戦車の列を最初の画像で見ることができるが、そのうちの少数は現用に留まり続けている。




BMP-1は30mm機関砲を搭載した一人用砲塔「2A42 コブラ」への換装の改修を受け、通常は同車に搭載されている、既存の73mm低圧砲を装備した砲塔「2A28 グロム」を置き換えている。
このコブラはベラルーシとスロバキアの共同開発であり、スーダンは運用しているいくらかのBTR-70もこの砲塔に換装している。
この車両では、PKT 7.62mm同軸機銃が欠落している。
スーダンに僅かしかないBMP-2の一台を背景に見ることができる。
BMP-2は同様に少数のイランが設計した、同車のコピーであるボラーク装甲歩兵戦闘車(AICV)と一緒に運用されている。




背景にBMP-2、中国製WZ-551APC、59D式戦車と2台のイラン製サフィール74、Type-72z、T-72Zまたは「シャブディズ」戦車といった他の車両が寄せ集められている中に、フランス製のパナールM3 APCが見える。  
このパナールM3は20mm機関砲が取り外されており、いつか再び運用されることは見込めない。
同様に、フランス製AML-90も同じ運命に陥っているとみられている。


スーダンは非常に多様なBTRの派生型を運用しているおり、その中でもBTR-70、ベラルーシによる改修型BTR-70、ウクライナによる改修型BTR-70/80ABTR-3が含まれている。
それに加えて、スーダン軍は中国のWZ-551とWZ-523 APCの大量のストックも有しており、70年代初めに引き渡されたチェコスロバキア製OT-64Aの残存しているものもある。
2番目の画像で、BTR-80の砲塔が車体に備え付ける状況を見ることが出来る。





MICがアミール2偵察車として売り出しているソビエトのBRDM-2は、まだ新品同様の状態だ。
BRDM-2の設計は60年代前半のものだが、スーダン軍は2000年代にベラルーシから追加の車両を受領し続けていたとみられており、それらは既に同軍で運用されているBRDM-2群に加わった。

アミール2は近ごろUAEで開催されたIDEX2017でも展示されており、MICが国際市場向けに新造したBRDM-2を売り出すと思わせた。
MICの分かりにくいマーケティング戦略にもかかわらず、アミール2は実際のところ、BRDM-2の運用を続ける国に向けた同車のアップグレード案だ。
このアップグレードでは、BRDM-2本来の140hp GAZ-41エンジンを210hpのいすゞ6HH1エンジンへの換装が見られ、機動性と燃費の向上を提案している。
いくつかのアフリカ諸国が老朽化しているBRDM-2の運用を続けているが、これらの国のいずれかが同車のアップグレードに関心を持つということはありそうもない。


修理施設のメンテナンスホールに3台のWZ-551がある。
WZ-551は、以前にMICによってシャリーフ2として売り出されていた。
MICが単にWZ-551を製品の一覧に記載していただけで実際に売り出していたのかは不明だが、これはスーダンでのWZ-551のオーバーホールに触れた可能性がある。
スーダンに届けられた別の中国製AFVであるWZ-523が、現在はシャリーフ2として売り出されていることが、混乱を増加させている。
しかし、この件については、MICがWZ-551とWZ-523の両方をオーバーホールできる可能性がある。









スーダン軍は、主にベラルーシ、ウクライナやロシアからストックされている中古AFVを入手しているが、限られた数のウクライナのBTR-3に加えて、ロシアのBTR-80Aも保有しており、そのうちの一台を下の画像で見ることができる。 また、その背景に一台のBRDM-2(またはアミール2)、BMP-1とT-72AVも見ることができる。
より興味深いことに、画像には退役したM60の列(注:画像左)が見えるが、そのうちのごく一部は依然としてスーダン軍で運用状態にあると考えられている。






この教場は、スーダン軍で運用されている様々なロシアのAPCとIFVの武装でいっぱいになっている。
BRDM-2, BTR-70とBTR-80用であるPKT 7.62mm同軸機銃付きのKPV 14.5mm重機関銃2門を左に見ることができ、さらにBTR-80AとBMP-2用の2A42/2A72 30mm機関砲2門を右に見ることができる。
また、BTR-80Aの砲手の訓練用に設けられた完全なBTR-80Aの砲塔モジュールが後ろに見えることにも注目したい。
ロシアの国旗は、スーダンの乗員の訓練におけるロシアの影響を疑う余地は無いことを暗示している。


 ※ この翻訳元の記事は、2017年5月31日に投稿されたものです。
   当記事は意訳などにより、本来のものと意味や言い回しが異なる箇所があります。   
   正確な表現などについては、元記事をご一読願います。  

おすすめの記事

退役からの復活:スーダンのMiG-23が再び空を飛ぶ(英語)
退役からの復活:スーダンのBO-105が再び空を飛ぶ(英語)
不穏な中東の政治的展望の中を進む、デサイシブ・ストーム作戦へのスーダンの関与(英語)

0 件のコメント:

コメントを投稿