2017年8月22日火曜日

忘れられた軍隊:トランスニストリア(沿ドニエストル)の自作APC



著 Stijn Mitzer と Joost Oliemans (編訳:ぐう・たらお)

トランスニストリア, 正式には沿ドニエストル・モルドバ共和国(以下、沿ドニエストルと記載)は東ヨーロッパに存在する分離独立国家で、1990年に沿ドニエストル・ソビエト社会主義共和国として独立宣言をし、その後1992年にモルドバ(モルドバ共和国)から離脱して以来、影の存在となっている。
沿ドニエストルはウクライナとモルドバの間に位置しており、現在のところ、いずれも自身が未承認国家であるアブハジア共和国、南オセチア共和国、ナゴルノ・カラバフ共和国のみから承認されている。
それにもかかわらず、沿ドニエストルは、自らの陸・空軍、さらには独自の兵器産業さえ保有する事実上の国家として機能している。

この兵器産業が生産してきた非常に興味深い多くの装備が、過去20年以上にわたって、沿ドニエストルの軍隊における運用に就いてきた。
この国の兵器産業は、トランスニストリア戦争の間に非常に盛んであり、モルドバ軍に対して使用するための様々な自作の装甲戦闘車両(APC)や自家製の多連装ロケット砲(MRL)を生産した。
休戦後、沿ドニエストルの兵器産業は、同国の軍隊の運用状況を維持する上で極めて重要な役割を果たしてきただろうが、1991年に設立されて以来、旧式のソ連製兵器のストックを置き換えることができないままであった。

同国の兵器産業が製造した装備の1つが、ソ連製GMZ-3地雷敷設車をベースにした独特な装甲兵員輸送車(APC)である。
このAPCは、2015年にエフゲニー・シェフチュク前大統領とアレクサンドル・ルカネンコ国防大臣によって初めて発表され、これらの少なくとも8台は、同年に沿ドニエストル軍に就役したと見られている。
これらの車両のうち、少なくとも2台はその1か月後に演習に参加する状況が見られ、運用状態にあることが確認されている。




沿ドニエストルは、地域内や海外への武器密売国として悪名が高い。
ソ連地上軍第14軍からの大量の武器と弾薬は、沿ドニエストルの地元住民によって引き継がれ、沿ドニエストルに忠実であった第14軍の兵士と外国の義勇兵が、モルドバ政府によれば、依然としてモルドバの領土と主張していた沿ドニエストルに入ったとき、1992年に両者の間で紛争が生じた(注:多くの第14軍の兵士や外国の義勇兵が沿ドニエストル軍に加わった)。
紛失した大量の兵器や弾薬が確保された後、これらは新たに設立された沿ドニエストル共和国軍に引き継がれたか、在モルドバ共和国沿ドニエストル地域ロシア軍作戦集団の監督下でロシアに移送されて戻ったものの、沿ドニエストル由来の武器が限られた量ではあるが、依然として海外へ密輸されている。
それにもかかわらず、武器密輸国としての地位は確実に誇張されている。

1992年に武力紛争が終結したにもかかわらず、沿ドニエストルの状況は非常に複雑であり、ロシア連邦への編入を望んでいるが、経済生産の面では、モルドバへの限られた作物の輸出に大いに依存し続けている。
沿ドニエストルは、外の世界への透明性を高めるための小さな措置を講じているにもかかわらず、実態は依然としてソビエト社会主義共和国当時のままであり、国旗にはハンマーと鎌を使用し続け、さらにKGBを主要な治安機関として維持している。
ロシア軍は沿ドニエストルに限られた数であるがいまだに駐留し続けており、公式に平和維持活動を行っている。

ソ連が崩壊したとき、かつてソ連軍を構成していた人員や関連する兵器類の多くは、所在する地の新しく誕生した国に属することとなった。
このプロセスは、旧ソ連の外に駐留していた多くの民族的ロシア人の離脱(注・分離独立や脱走)によってしばしば問題となったが、これはモルドバが遭った唯一の問題ではなかった。
第14軍は実際にはウクライナ、モルドバ、そして分離独立国家であるトランスニストリア(沿ドニエストル)に属し、同軍の様々な部隊は、ウクライナ、モルドバ、ロシアのいずれかに属したり、新たに形成された沿ドニエストル共和国に合流した。
明らかに、これは非常に複雑で過敏なプロセスの下で行われたものである。








沿ドニエストル側は支配した領域に存在する武器保管庫ほとんどを引き継いだとき、大量の高度な特種車輌を受け継いだ一方、多くのIFVと自走砲を保有することができなかった。
実際、この地域に存在していた、いくらかの2S1グヴォズジーカ122mm自走榴弾砲と2S3アカーツィア152mm自走榴弾砲(これらはロシアへ移送された可能性が極めて高い)のほか、沿ドニエストル軍の兵器保有リストには自走砲は無い。
その代わり、間接射撃の火力支援には、武器庫の牽引式野砲と122mm「プリブール」多連装ロケット砲(BM-21)に依存している。

沿ドニエストルが引き継いだ特種車輌には、大量のGMZ-2とGMZ-3地雷敷設車が含まれていた。
トランスニストリア戦争の間に、この車輌の本来の役割は不要となり、いくつかのGMZが急造のAPCとして沿ドニエストル側で使用され、少なくともその1台が後に戦闘で破壊された
沿ドニエストルは、内戦後でも本来の役割でいくつかのGMZを引き続き使用したであろうが、そのような大規模な地雷敷設車群を必要とされず、ほとんどの車両は少なくとも8台のGMZ-3をAPCに転用することが決定されるまでは保管庫に置かれていた。
沿ドニエストルが利用可能なGMZの量は不明のままであるが、その数は、はるかに多くのGMZをAPCに転換するにはおそらく不十分である。





GMZ-3はAPCという新しい役割に従い、歩兵を輸送できる能力を得るために、搭載されていたすべての機雷敷設装置が撤去された。
地雷敷設用のアーム及びその操縦用の区画は後部ドアの位置を確保するために撤去され、兵員区画を設けるために地雷が格納されていた空間も取り除かれ、内部空間が拡張された。
変化の著しい改修を受けたGMZ-3の本来の形状は、ここで見ることができる。

GMZ-3はAPCの運用者によって、取り扱いが容易になるように広範囲にわたって改修され、新たに装備された単装の14.5mmKPV重機関銃及びその機関銃手のために、操縦席と兵員区画の間に新たな空間が設けられた。
単装の銃機関銃に加えて、車両に設けられた5つの銃眼からライフルと軽機関銃を射撃することができる。
この改修が、本来小火器の銃弾や砲爆撃の破片から自身を防護していた、GMZ-3の装甲に悪影響を与えたかどうかは不明である。

沿ドニエストルの大きさと経済的手段に対して、この車輌は確かに印象的かつ専門的な特徴を誇示し、利用可能なあらゆる手段を可能な限り活用できるという明確なケースを示している。
その点で、沿ドニエストルは、独自の兵器産業の製品によって、外国のオブサーバーの「小さな観客」を驚かせ続けるに違いない。

 ※ この翻訳元の記事は、2017年2月25日に投稿されたものです。
    当記事は意訳などにより、本来のものと意味や言い回しが異なる箇所があります。
    正確な表現などについては、元記事をご一読願います。      

0 件のコメント:

コメントを投稿